採掘込の石材業なので体を痛める

あまりメジャーな業種ではありませんが、まず石が重いという当たり前のことが大きいです。
そのため、100キロ近い石を2人で運ぶなどという他の業種ではあまりない無茶な現場作業が当たり前にあったりします。当然、腰を痛めることは多いため周りの人のぎっくり腰やヘルニアなどの話は多かったりします。私もこの仕事を始めたばかりの時、石を落とし指を挟んで骨折したのですが、その時に上司に言われた言葉が「指があって本当によかった」でした。また採掘は採掘で削岩機で手の毛細血管が切れる白蝋病といわれる職業病もあり、こちらも長年働いてると起こりうるそうです。様々な身体的リスクがある職場だと思っています。人を増やし、安全性をもう少し確保した仕事をしたいです。またリスクも高く閉鎖的且つ体を使う仕事の為、他業種の安全性確保、作業マニュアル等を学び、身体的リスクを減らし人の出入りがしやすい仕事にしたいです。幸いなことに、デスクワークを除くと残業だけは少ない仕事なので、安定した時間で家に帰れる魅力はあるという点を生かして共に働いてくれる方を探していきたいと考えてます。あとは図面をCADで作るので、PCを使うデスクワークを業者の方に依頼することで、業務の効率が良くなるのでは?と考えてます。CADも平面図だとお客様にわかりにくいので3DCADモデリングなども検討できるとより良いサービスになると思案してます。

«
»