主に収入アップのためです

私の転職の場合、実際には対して収入面が変わらず、どこも似たり寄ったりの待遇でした。

私が希望した職種を限定していたせいなのかもしれません。
自家用車を通勤に用意していないので、通勤手段が自転車か公共交通機関に頼らざるを得ませんので、遠隔地の勤務で好待遇の職場という物に縁がなく、残念な思いをしてきました。
これまで約20年間、様々な勤務地で仕事をしてきましたが、大体年が変わるたびに転職してきました。
景気の影響もあることでしょう、好待遇の職場に恵まれていたのは過去のことで、これからはどこの職場もいったいどうなるのか私にも正直なところ、どうしたら良いのかさっぱり分かりません。
単身赴任先で体調を崩したり、電車が混んで仕事はじめからつらい思いをしたり、これまで様々な経験をしてきました。
いい加減年もとったので、自分なりのゆとりも考えながら、定年まで何とか無事に過ごしたいものです。
まず通勤手段をバイクか車に変えたいと思います。
そしてこれから転職を考えたい人には、何をしたいかではなくて何ができるのかを重視してみては、と思います。
後者の方が絶対強みになりますので、欲求よりもスキルを重視したほうが周りの評価に影響します。

先輩が新設に新人にアドバイス

夫婦共働きから専業主婦になってみて

仕事と家事の両立ができず専業主婦となり、主婦業の大変さが身にしみました。

夫と2年前に結婚し、つい最近まで夫婦共働きのスタイルをとっておりました。

私は職種でいうと内勤営業の仕事をしておりましたが、事務的な作業が多く、仕事の内容自体はそれほど負担のかかるものではありませんでした。
また、ありがたいことに職場の人間関係もかなり良好な方だったと思います。

しかし、一つネックになっていたのが残業の多さでした。
定時の6時に帰れることはほとんどなく、だいたい毎日が9時から10時ごろの帰宅でしたので、そこから家で料理を作る気にもなれず、結婚してから料理はほとんど作ったことがありませんでした。
夫はというと私よりも帰りが遅く、家事を手伝ってもらえる状況ではありませんでした。
そのため、我が家の食生活は、昼はお互い外食、夜もスーパーの惣菜や外食が中心でした。

結婚して2年目に入り、そろそろ子供も欲しいなと考えるようになった時、このままの生活を続けていくのは無理があると考えるようになりました。
共働きを続けることによって、収入が倍になるという大きなメリットもあり悩んだのですが、悩んだ末に、最近入社以来勤めてきた会社を退職しました。

専業主婦になり、まずは料理を基礎から勉強しようと、料理教室に通い始めました。
さらに、今までの運動不足を解消しようと、スポーツジムにも通い始めました。
自分のプライベートの時間はとても充実したものになったのですが、専業主婦になってから始めた毎朝の夫のお弁当作りや、晩御飯のしたく、掃除、洗濯などで、今は日々ヘトヘトです。
子供もいないのに情けない話ですが、専業主婦の仕事って、完璧にこなそうと思うと予想上に大変でした。
会社勤めをしていた頃と比べると、肉体労働も増え、時間に追われることが多くなったような気がします。

まだまだ新米の専業主婦。
新しい職場に転職したつもりで、この際主婦業を極めてみようと思います。

就業管理システム
ベーシック型とスタンダード型で2000人までなら利用人数・利用拠点に制限なし
biz-work.jp/

«
»